美しい日本の結婚式 金澤神社婚

facebook

TEL 076-229-7744 ブライダルインフォメーション リトルハート 受付時間/10:00~18:00 月曜日定休

白山比咩神社 しらやまひめじんじゃ 白山市

【御祭神】白山比咩大神 伊邪那岐尊 伊弉冉尊
菊理媛尊とともに伊弉諾尊・伊弉冉尊も祭神として祀る

菊理媛の「くくり」は「括る」にもつながり 現在は「和合の神」「縁結びの神」としても崇敬を受ける

遠く神代の昔 霊峰白山を神体山として生きとし生けるものの「いのち」の祖神と仰ぐ 白山比咩大神を奉斎したことにはじまり 創建は約二千百年前の崇 神天皇七年(前九一)と伝えられる

延喜式内の名社で 古来「下白山」と称えらた本社は「白山本宮」「加賀一ノ宮」として尊崇され 「白山さん」としてあまねく親しまれている北陸鎮護の大社 養老元年(七一七)僧泰澄によって白山を開山されて以来 修験道が盛んとなり 加賀・越前・美濃の三馬場が開かれて隆盛を極める その後 旧社地は 古宮址安久濤の森(現在古宮公園)であったが 約五三〇年前の文明十二年(一四八〇)の大火によって四十有余の堂塔伽藍が悉く烏有に帰しましたので 末社三ノ宮の鎮座地である現在地に遷られ 本宮鎮座の地と定めて今日に至る 明治維新の後は「下白山」を本社 「白山天嶺」を奥宮とし 国幣中社 として国家から特別の重い待遇を受けたが 終戦後の今日では 全国に奉斎されている三千余社の白山神社・白山社の総本宮として白山信仰の中心をなしている 白山比咩大神の大御稜威を欽仰して 四季を通じて多くの崇敬者が神恩報賽の誠を捧げ 御社頭が賑い 日ごと月ごと「白山さん」の神前で奏でまつるみやびやかな神楽の音が 樹齢千年を超える大杉や大欅にこだまし 御霊験愈々いやちこなるものを拝している
(神社庁ページより)

神社名称 白山比咩神社
住 所 石川県白山市三宮町ニ105-1
地 図 Googleマップで見る ※外部サイト
挙式料 80,000円 (龍笛の調べで舞う「末広の舞」を含む)
その他費用 御供えの清酒は有っても可